今月のおすすめ

最上級の美味しさ届けたい。ゆら柑橘撰果場の「ゆらっ子®」

由良町では毎年9月下旬から、温州みかん・極早生品種の選果がJA紀州・ゆら柑橘撰果場で開始され、それを皮切りに柑橘シーズンが到来します。5月に花が咲いてから、大切に育てられた柑橘の最後の仕上げです。全ての品種の柑橘をひとつひとつ光センサーで糖度を計測、より糖度の高いものを詰め込んだピンク色の箱は、ブランド名「ゆらっ子®」を背負って全国各地へ出荷されます。中でも「ゆら早生」は由良町で発見された事からその名がついた、由良町の自慢の品種です。

美味しさの秘密

毎年、気温や天候は一定ではありません。日照時間が長く雨の降らない年もあれば、台風がいくつもまちを通過する降水量の多い年もあります。農家たちは少しでも柑橘を美味しくするため、毎年変化する自然環境に臨機応変に柑橘を育てています。収穫された柑橘は撰果場に集められ、ランクごとに分けられます。

由良町発祥のゆら早生

ゆら早生は1985年に、由良町の三尾川地区で宮川早生の枝変わりとして発見されました。新種発見から品種登録まで約10年、現在は日本全国で栽培される人気の品種となっています。特徴は外見が少し黄緑色であること。極早生品種特有の酸味がきちんと感じられること。甘さと酸っぱさの適度なバランス、それこそがゆら早生を味わううえでの最大の醍醐味です。店頭に並ぶ期間は長くても10月の1ヶ月間。一度食べると忘れられず、毎年この季節が楽しみになる自慢の品種です。

ゆら早生の栽培の魅力

 「ゆら早生は最初に収穫できるみかんで、実りをいちばんに実感できるのはやっぱり嬉しい。」とゆら柑橘撰果場場長の川口さんは話します。9月に撰果が始まると、翌年5月ごろまで数多くの品種がひとつひとつ丁寧に選別、箱詰めされ出荷されていきます。その中でも「ゆらっ子®」は市場でも最上級の評価をされるほどの逸品。「自分たちの育てた柑橘が良い評価をいただけるのも嬉しい。」と、代々受け継がれてきた品質は、これからも大切に受け継がれていきます。

ゆら早生発祥の地、記念の石碑が完成

 2021年7月末に、ゆら早生が育てられている由良町三尾川地区のみかん畑、海岸線沿いの見晴らしの良い場所に記念碑が建てられました。記念碑にはゆら早生が発見された経緯、1995年に品種登録されたこと、また由良町から和歌山県へ、和歌山県から全国へ広がっていったことが記されています。発祥の地、由良町で育てられたゆら早生を全国にPRするため、近年は宣伝動画の制作を開始し、柑橘農家、JA職員、地域のクリエイターや町と協力して、町全体でブランド力向上への挑戦をしています。

上記の商品がもらえるチャンス!

アンケートにお答えいただいた方に紀州農業協同組合の最上級ゆら早生みかん「ゆらっ子®」約1kgを抽選で合計10名様にプレゼント!

※今回のキャンペーンに合わせた特別な箱に入れているため、ピンク色ではなく黒色の箱になっていますが、中身は「ゆらっ子」です。

応募方法:応募フォームへ必要事項を記入し、「送信」ボタンを押してください

    希望の由良町推奨産品を選んでください

    このページを何で知りましたか?

    個人情報の取扱について
     応募により取得した個人情報は、由良町個人情報保護条例に則り適切に管理し、本事業
    に係る用途にのみ利用します。但し、法令により開示を求められた場合や、裁判所、警察
    等の公的機関から開示を求められた場合は、応募者の同意なく個人情報を開示する場合が
    あります。