由良町推奨産品プレゼント企画

 

菓匠 錦花堂

美味しく進化し続ける錦花堂のお菓子

  菓匠錦花堂のお菓子といえば、由良町の興国寺に伝わる天狗伝説からうまれた銘菓「天狗力餅」。食感を守るためふ焼き煎餅とお餅を別にした現在の個包装は4代目が考案。時代に合わせて進化するお菓子作りは、全ての工程で美味しさが追求されており、優しさと感動を届けます。数多くの賞に輝き、和歌山県優良県産品推奨制度「プレミア和歌山」にも認定されています。

美味しさの秘密

「作るたびに美味しくなるよう、いつも考えています。」そう話す錦花堂の4代目。その日その日で変化する気温や湿度にあわせ、道具の使い方や食材の配合を変化させます。またあんこは、お菓子ごとに作り方を変え一つ一つ手作りしています。

作り手のこだわり

  常に試行錯誤されている、素材の美味しさを引き出す調理法。「黒糖くるみ」に使用されている”くるみ”は、渋みを抜く工程で水に浸す時間や温度を最適にするため微調整を繰り返し、「白崎」などの焼き菓子は生地の厚みや水分量で火の通りが異なるため、絞り袋の大きさや絞るときの力加減も計算されています。また、使用する道具もその時どきで最適なものを選ぶよう心がけているそうです。

季節のお菓子と続々登場の新商品

  それぞれの季節に一番美味しくなる旬の味。季節限定のパウンドケーキは、秋は栗、冬はりんごとサツマイモを使用し、食材の旬を最大限に生かした味が楽しめます。
 また、新商品の開発にも力を入れており、ほろ苦い抹茶チョコあんと甘酸っぱいイチゴチョコあんの2種類の生クリームどら焼きは和と洋が絡み合う、ベーシックなあんこのどら焼きとはひと味違う人気商品です。

お店の紹介

 明治20年から続く老舗のお菓子店。大切な人への贈り物やお土産、お客様に喜んでもらえる瞬間を創りつづけています。近所の小学生がおやつを買いに来ることもあり、地域にも愛されています。常に美味しくなるように研究と試行錯誤を重ねる職人技は美味しさに込められた愛情そのものです。リニューアルされた公式ホームページから購入することも可能です。


大五水産

明治30年創業、老舗のしらす屋大五

 受け継がれる職人技の目利きと、時代に合わせつつも伝統を忘れない味を守る製法。お客様の大事な人への贈り物をはじめ、今年の夏にオープンした、その場でしらすの味を楽しんでいただけるカフェ事業。お客様のニーズに柔軟に対応しながら、老舗のこころを大切に“美味しい”をお届けしています。

美味しさの秘密

 美味しい釡あげしらすをつくるために大切なのは、朝一の市場で「生しらす」の品質をひとめで見抜く目利きと、しらすの鮮度を落とさず加工するスピード。温度管理を徹底した自社工場で加工し、自社店舗やネットショップで販売しています。こだわりの製法は卸売り市場で一番値の「大五印」から代々変わっておらず、今も昔も自信を持って最上級をお届けしています。

熟練の技が味を決める釜あげしらす

 創業当時から続く伝統の加工方法は現在も受け継がれています。使用する機械が時代と共に進化しても、選び抜かれた鮮度抜群の生しらすへの熱のあたえ方や塩加減は変わらず、代々続く “美味しい”を守っています。その味をつくる繊細な機械の調整やメンテナンスは3代目が責任を持って丁寧にされています。

太陽の味のちりめん

 市場で選び抜かれ、こだわりの製法で加工されたしらすは、ちりめんに加工される手段・方法も一番美味しいを目指し追求されています。熱風の温度や干しにかける時間など、繰り返し研究と試行錯誤を重ね、最終的に「太陽には絶対に敵わない」と、手間と時間かかるものの、最も美味しく出来上がる天日干しという結論にいたりました。日光や風、自然そのものの美味しさを凝縮したちりめんです。

店舗紹介

  自社工場で加工された釡あげしらすや、天日干しちりめんは自社の店舗(https://daigosuisan.com/)で販売しています。店舗では自宅用はもちろん、大切な方への贈り物として購入される方もとても多いそう。2021年8月からはその場で食べることができるカフェ(https://shirasu5.square.site/)もオープンされ、こだわりしらすの丼やピザが楽しめます。

今月のプレゼント

菓匠 錦花堂「天狗力餅・白崎・禅・天狗の団扇・水仙の里」の詰め合わせ

大五水産「釜あげしらす」


ご応募いただいた方に「 菓匠 錦花堂『天狗力餅・白崎・禅・天狗の団扇・水仙の里』の詰め合わせ、もしくは「 大五水産『釜あげしらす』」を抽選で合計10名様にプレゼント!

ご応募はこちら

    希望の由良町推奨産品を選んでください

    このページを何で知りましたか?(必須)